ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    自動運転


    13924759509_c66d2480a5_z(1)
    (イメージ)
     
    マツダが、運転中の急病発生時などのリスク回避に自動運転技術を適用する方向で検討していることが16日、明らかになった。
    『「側道に安全に停止!?」ドライバー急病時…マツダリスク回避技術導入へ』の続きを読む


    ecn1701110034-p1(1)

    鹿島は11日、大分市のダム工事に日本で初めて自動ダンプカーを導入すると発表した。

    ブルドーザーや振動ローラーも自動化し、複数の重機を1人で操れるようにする。建設業に従事する技能労働者は高齢化に伴う離職で平成37年には26年比で約130万人減る見込みで、鹿島をはじめ大手ゼネコンは建設現場の人材不足を補おうと自動化を加速させる。
    『「自動ダンプカー!?」鹿島・コマツ共同開発…大分ダム工事に日本初導入』の続きを読む


    maxresdefault(1)
    ▲児童運転なら... ダメです。

    12月1日、自動車公正取引協議会が、「完全自動運転」、「自動運転機能搭載で安全」といった文言をCMなどの広告で謳うことをNGとする指針を策定しました。

    この指針の詳細について、自動車公正取引協議会がホームページでも公開しています。
    『「宣伝文句がNGワード!?」自公取協…“完全自動運転”等の文言を禁止に』の続きを読む


    8141354735_0423d63eb3_z

    【シリコンバレー=小川義也】米ミシガン州は9日、自動運転車に関する包括的な規制を施行した。

    運転手もハンドルも不要な「無人運転車」の公道走行実験を全米で初めて認めたことが目玉。グーグルを傘下に持つ米アルファベットや日米欧の主要自動車メーカーの研究拠点が集まるカリフォルニア州から、自動運転車開発の中心地としての座を奪い返す狙いがある。
    『「“運転手なし”でもOK!?」ミシガン州…自動運転車の公道実証テスト』の続きを読む


    war-jaguar-land-rover-the-formula-e-of-panasonice(1)
    ▲パナソニック+EV+区間往復って... (違います)

    パナソニックは2020年にも、スマートタウンなど限定エリア内の移動手段向けに完全自動運転の超小型電気自動車(EV)を製品化する。

    自動車メーカー向けに開発する自動運転システムを応用し、市街地の一定エリアや商業施設敷地内などで区間往復する人や荷物の運送サービス事業など向けを想定する。自動車メーカーと競合しない1キロ―2キロメートル程度の移動手段を狙う。
    『「完全自動運転の超小型EV!?」パナソニック…1-2km程度の移動手段開発』の続きを読む


    20161113ak0019_01_l(1)


    地方創生特区に指定されている秋田県仙北市で13日、国内で初めて公道で自動運転バスを走行させる実証実験が行われた。

    運転手がおらず、ハンドルもない電気自動車「ロボットシャトル」に住民らが乗り、時速10キロ程度のゆっくりとした速度で、全面通行止めにした田沢湖畔の県道約400メートルを往復した。
    『「自動運転が公道を!?」ハンドルの無いロボットバスが走行…田沢湖畔』の続きを読む


    3216e
    File Photo

    自動運転車としてのApple Carの開発は諦めたとも言われているAppleですが、同プロジェクトは形を変えて進行中である可能性がティム・クック最高経営責任者(CEO)の口から示唆されました。
    『「VRでテスト走行!?」アップル自動運転“運転体験に革命を”とクック氏』の続きを読む


    Ottobdwi(1)

    自動運転カーの開発にも力を入れているUberが、完全自動運転のトラックによる荷物の輸送に成功しました。

    これはUberが買収した子会社「Otto」が独自開発した自動運転技術を用いて実施したもので、4万5000缶のビール「バドワイザー」を積んで約160kmの距離をドライバーの操縦なしで走行しています。【動画あり】 
    『「自動運転トラック実証実験!?」Uber・バド…自動運転での輸送に成功』の続きを読む


    gocPSCXH_5(1)


    運転席がなければ、動きはより自在に、効率的に。

    自動運転技術はまだ発展途上にあります。なので、それを搭載した車の多くはまだ、もしものとき切り替えられるように人間が運転できる仕組みが備えられています。でもコマツが下の動画で示している自動ダンプカーのコンセプトを見ると、人間のスペースがなくなることで、新たなメリットが生まれるんだなって思えます。
    『「自動運転を進化!?」コマツ…運転席の無いダンプカーで新たなメリット』の続きを読む


    HOVLANES

    カナダ・バンクーバーで、同地から米シアトルを結ぶハイウェイに、自動運転車用レーンの設置を求める提案が出されています。 

    この提案はAmazon取締役トム・アルバーグと元マイクロソフト役員クレイグ・マンディら有力者からのアイデアで、既存のHOVレーンを自動運転車も利用可能にしようという考えのものです。
    『「自動運転専用レーン!?」HOVレーン利用…シアトル~バンクーバー間に』の続きを読む
    Copyright © 2014-2017 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.