ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    自然エネ


    640px-MATSUKAWA_Geothermal_power_station_Iwate,JAPAN(1)
    ▲日本初の商業ベースの地熱発電所「松川地熱発電所」(岩手)

    いまからちょうど50年前の10月8日。国内初の商用地熱発電所として、岩手県八幡平市に建設された松川地熱発電所が運転を開始した。

    太陽光や風力発電と比べると認知度は低いが、実は日本は米国、インドネシアに次ぐ世界第3位の地熱資源国。にもかかわらず、発電設備容量で見ると、世界第9位にまで後退している。

    つまり、資源量は豊富だが、発電設備の普及が進んでいないのだ。
    『「なぜ逃げ腰!?」コストは火力発電と同等…“地熱発電”注目が集まる』の続きを読む


    15093690957_a2b176854f_z

    現在、欧米ではまだ、太陽光発電の発電コストは、天然ガス火力発電などと比べるとやや割高となっているが、米国立研究所のシミュレーションによると、発電コストは米国においても早ければ2025年頃には、逆転するという試算もでている。
    『「安いに越したこと無い!?」太陽光発電のコスト…原子力発電よりも割安』の続きを読む


    germansolorgreen


    ドイツ政府は、日本でも導入されている再生可能エネルギーで発電した電力を電力会社が高い価格で買い取る「固定価格買取制度」について、「時代に合った制度に見直す必要がある」として、来年から廃止する方針を決めました。
    『「来年から廃止へ!?」料金高騰…ドイツ再エネ固定価格買取制度を廃止』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.