ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    英国


    7985695591_31c401ac86_z(1)


    通信解析やサイバー攻撃への対応を行う英国の通信傍受機関、政府通信本部(GCHQ)がこのほど、クイズやクロスワードなど400問以上を載せた本「GCHQパズルブック」を出版した。

    各メディアに「世界で最も難解」「全部解くのに数カ月かかる」と紹介され、英国で人気を集めている。
    『「英国が誇る諜報機関が!?」英国GCHQ…世界一難しいクイズブックを出版』の続きを読む


    7237585532_7669e82bef_z(1)


    赤ちゃんを寝かしつけるためファンヒーターなど家電の運転音を流すラジオ放送がこのほど、英国南部で始まった。ラジオ局は世界で初めての試みだとしている。
    『「子守唄に家電の雑音!?」英ラジオ局…家電の運転音を流すサービス開始』の続きを読む


    16273389162_af0e276a33_z(1)
    ▲パシャ!

    「カメラアイ」という特殊能力をご存知だろうか。

    瞬時にしてカメラのように目の前の画像が記憶される特殊な能力のことで「瞬間記憶能力」とも呼ばれている。先天性のこの能力は、一度記憶した画像を決して忘れない。
    『「“カメラアイ”を持つ警官!?」瞬間記憶…4年間で850人以上検挙に貢献』の続きを読む


    6a00d8341c464853ef01bb07aa6800970d


    【AFP=時事】第2次世界大戦(World War II)中にナチス・ドイツの暗号機エニグマ(Enigma)の暗号を解読した英国の天才数学者、アラン・チューリング(Alan Turing)が開発した巨大装置を使って1951年に録音された「史上初のコンピューター音楽」の復元に成功したと、ニュージーランドの研究者が26日、発表した。
    『「史上初のコンピューター音楽!?」復元…英数学者チューリング装置開発』の続きを読む


    5568

    【AFP】英ロンドン(London)にあるテート・モダン(Tate Modern)美術館の新館が、来館者ののぞき趣味的本能を刺激している。新館の展望バルコニーからは、向かいに立つガラス張りの高級マンションが丸見えだからだ。
    『「私生活が丸見え!?」英美術館バルコニーから隣接するマンションが』の続きを読む


    eye_surgery_head(1)

    将来はロボットを使った目の遺伝子治療も視野、英オックスフォード大学

    世界初の手術ロボットによる目の内部の手術が英国で行われ、網膜疾患で右目の中央の視野が欠けていた70歳の患者が視力を取り戻した。オックスフォード大学のロバート・マクラーレン教授らが同大付属のジョン・ラドクリフ病院で実施したもの。 【動画あり】
    『「遠隔操作で網膜手術!?」世界初…手術ロボットで目の内部を手術 英国』の続きを読む


    stream_img (1)(1)


    【AFP】英南部の海辺の観光地ブライトン(Brighton)に先月オープンしたばかりの世界一高い可動式展望台で、来場者がバーに殺到して荷重が移動したため安全装置が作動し、約200人が2時間にわたって空中で閉じ込められるアクシデントがあった。

    展望台は最強レベルの強風にも耐えられるように設計されているが、内部での移動に対する脆さが露わになった格好だ。地元メディアが報じた。
    『「展望台に閉じ込められる!?」世界一高い可動式展望台に200人…英』の続きを読む


    15457454281_dcb142c818_z


    日本では自販機で売られている缶入り紅茶飲料は珍しくないが、イギリスでは缶の紅茶というものはこれまで存在していない。というのもイギリス人にとって、ビクトリア時代から紅茶とリラックスした時間は切っても切り離せないものであったため、「手軽に飲む」という概念がこの国にはなかったのだ。

    ところが最近、そんなイギリスに紅茶革命が起こっているという。
    『「ティーバッグより手軽!?」ブシュッ!…スプレー噴射の紅茶発売 英国』の続きを読む


    GHoggHS1(1)
    George Hogg was not the site of the Nanjing!?

    【ロンドン=岡部伸】中国の習近平国家主席が昨年10月に訪英した際、第二次大戦で「侵略者日本の残虐行為を暴いた」と称賛した英国人記者が、所属していたとされる英新聞社に在職記録はなく、中国側が「日本の残虐行為だ」と主張する「南京事件」の現場にもいなかったことが30日までに明らかになった。
    『「南京には不在!?」習氏が英女王に“日本軍の虐殺暴いた”と称賛の記者』の続きを読む


    british-olympic-athletes-red-bags


    五輪イギリス代表、金銀銅あわせて62個のメダルを獲得しての凱旋帰国!の予定だったのが・・・。 この有様である。 【動画あり】

    『「マイバッグを探せ!?」五輪イギリス代表…一丸のチームバッグが災い』の続きを読む
    Copyright © 2014-2017 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.