ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    英国


    elib_2632208

    【CNN】英王室所蔵の冠に飾られている巨大ダイヤをめぐり、インドから返還を求める動きが出ている問題で、同国政府は21日までに返還に向けた「あらゆる可能な努力」を行っているとの立場を改めて示した。

    このダイヤは「光の山」を意味する「コーイヌール」という名で呼ばれ、大きさは105.6カラット。 
    『「世界最大と呼ばれたダイヤ!?」コーイヌール…インド政府が返還求める』の続きを読む


    no title

    英イングランド北部のマンチェスター空港に総費用125万ポンド(約1.9億円)を投じて導入された6頭の探知犬が、チーズやソーセージの小片を見つける能力には長けているが、肝心の密輸薬物の探知にはあまり役立っていないことが分かった。
    『「薬より団子!?」チーズ、ソーセージだけ…巨費を投じてた英薬物探知犬』の続きを読む


    no title
    ▲正装でお出まし?

    英国外務省に新たな職員が加わった。英外務省の職員となったのは、猫のパーマストン。

    パーマストンは、ロンドンにある外務省の建物で暮らし、ネズミを捕る。なお英外務省は、パーマストンの扶養が納税者に影響を与えることはないと指摘している。

    パーマストンは、元野良猫。ロンドンの路上で発見された時、パーマストンはお腹を空かせてやせ細っていたという。 
    『「サッチャー以来の快挙!?」パーマストン“猫長官”路上生活から外務省』の続きを読む


    heli
    ▲犯人は二手に別れ逃走中...


    イギリスで、子どもたちが大手柄です。

    こちらは、飛行中の警察のヘリコプターが撮影した映像です。そこに映し出されたのは、地面に横たわる子どもたち。しかし、よく見ると、体で「矢印」の形を作っています。 【動画あり】
    『「子どもたち大手柄!?」ヘリ追跡中…“人文字”で見失った犯人の位置を』の続きを読む


    no title

    英南西部コーンウォールに住む猫の「カップケーキ」はどうしたことか、飼い主のジュリー・バゴットさんがDVDを詰めた小包に入り、そのまま約400キロ離れた南岸ワージングまで発送されてしまった。 【動画あり】
    『「送られてしまった猫!?」小包で8日間…400キロ離れた町まで発送される』の続きを読む


    no title

    肥満が深刻な社会問題となっているイギリスで、糖分を多く含むソフトドリンクに「砂糖税」が課されることになりました。

    イギリス政府は16日、2018年から肥満対策のため「砂糖税」を導入すると発表しました。「砂糖税」は、100ミリリットル中5グラム以上の糖分を含むソフトドリンクを製造・輸入する企業に課税されます。
    『「ソフトドリンクに砂糖税!?」英国…2018年から肥満対策のため導入』の続きを読む


    no title

    自動運転車技術の開発競争が加速する中、走行中の電気自動車(EV)に電気を供給できる「電気道路」の実用実験が近く英国で始まる。 【動画あり】
    『「電気道路の実用実験!?」走りながらEVに電気を供給できる道路 英国』の続きを読む


    no title

    英大学の研究チームがキングペンギンをランニングマシンで歩かせる実験を行い、その様子を撮影した動画を公開した。

    実験は英ロ―ハンプトン大学の生命科学研究チームがペンギンのよちよち歩きを生体力学的に解析する目的で実施。【動画あり】
    『「重要な実験!?」ペンギン…二週間餌断ちランニングマシンを歩かされる』の続きを読む


    no title

    英ロンドンのキングス・クロス駅で25日、10年をかけて復元された蒸気機関車「フライング・スコッツマン」(空飛ぶスコットランド人)がお披露目された。 【動画あり】
    『「10年かけて復元!?」蒸気機関車“フライング・スコッツマン”お披露目』の続きを読む


    no title

    イギリス南部のディドコットで23日、閉鎖された火力発電所の建物が崩壊した。


    イギリスメディアによると、この発電所は3年前に閉鎖され、当時、2つのボイラーの解体作業が行われていたという。 【動画あり】
    『「火力発電所が崩壊!?」1人死亡3人不明…閉鎖され解体作業中 英国』の続きを読む
    Copyright © 2014-2017 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.