no title
▲藤田嗣治「アッツ島玉砕」(1943)

【元小結・舞の海秀平(普段は相撲関係の)コラム】

今回はどうしても相撲のことを書く気になれない。


テレビの天気図には、初めて耳にする線状降水帯が居座っていた。
早く太平洋側にそれてくれないかと、手で払いのけたくなる。暴れ出した川は堤防を決壊し、民家や田畑を飲み込んでいった。

津波よ、雨よ。まだ復興を遂げていない東北を、そして東日本を沈める気か。
『「祖国があってこそ!?」舞の海コラム…祖国に捨てられた画家に現代を見る』の続きを読む