00513-octopusgripper-1532x900px(1)

ドイツの企業Festoが、タコの足をモチーフにしたロボットアーム「OctopusGripper」を開発しました。

「OctopusGripper」はシリコンを使った空圧式のロボットアームで、タコの足のように柔軟に動くため、さまざまなサイズ、形状の物体にフィット。内側に配置された2列の吸盤を使って持ち上げたり、つかんだりすることが可能です。【動画あり】
『「ウネウネ動く触手型!?」タコの足をモチーフにしたロボットアーム開発』の続きを読む