ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    触覚


    no title

    【AFP】10年以上にわたり、まひ状態にある男性が、実験的義手を装着することで「触覚」を取り戻すことができた

    米国防総省(US Defense Department)の先進技術研究部門、米国防高等研究計画局(DARPA)の研究チームがこのほど、研究の成果を発表した。
    『「“触覚”を感じる!?」触れた感覚がわかる“義手”開発…米国防総省』の続きを読む

    1: ゆでたてのたまご ★ 2014/09/08(月) 12:32:11.11 ID:???.net

    no title
    by Truthout.org

     産業技術総合研究所(産総研)の技術移転ベンチャー「ミライセンス」は9月2日、何もない空間でものに触れた感触を再現できる「3Dハプティクス技術」を開発したと発表した。 
    引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1410147131/

    『「触れる感覚再現!?」何もない空間で触れる“3Dハプティクス”開発』の続きを読む

    no title

    1: Baaaaaaaaφ ★@\(^o^)/ 2014/07/06(日) 13:00:03.01 ID:???0.net

    カールスルーエ工科大学の科学者たちが開発したのは、材料の機械的性質を完全に隠して、
    触覚には知覚不可能にする「透明マント」だ。

    (ようは、触った感触を消すモノを開発した)

    音、視覚、時間──わたしたちはあらゆる種類の「透明マント」を見た(実際は見えていない
    のだが)。 しかし、カールスルーエ工科大学の科学者たちが開発したばかりの力学的「透明
    マント」は、「Nature Communications」でも説明されているように、完全に新しいものだ。

    研究者たちがつくりだしたのは、物体を完全に触覚から隠すことが可能な「くぼみ」だ。
    試した人が保証しているように、指や測定装置や指をのせても、そこにはまったく何も感じ
    られない。装置の基礎となっている物理法則は、シンプルとは程遠い。
    この透明マントは、「メタマテリアル」をベースにしている。触れられる先端が微細な針状
    の円錐でできている水晶格子構造をもつポリマーだ。

    (「透明マント()」のようなこのポリマーを介すとそこにはなにもないように感じる)


    no title

    触覚から「透明」になると、なにが生まれる?
    力学的「不可視」の実現は、科学者たちが説明しているように、非常に複雑だ。
    得ようとしている機械的性質を定義すると、研究者たちは、物理の基礎方程式を反転
    させて、どのようにメタマテリアルがつくられなければならないかについて結論を引
    き出す。この方法を用いることによって、少なくとも理論的には、圧力には耐性がある
    けれども切断には弱い硬い固体のような、自然には存在しない材料を設計することが
    可能となる。

    とはいえいまのところ、この透明マントは余興にすぎない。研究の成果は、少なくとも
    現在のところはごく初歩的なものだ。しかし、任意の機械的特性をもつ材料をつくり出
    せるという点において、わずかな年月で、新しい応用のためのスパイラルを開くことが
    できるかもしれない。例えば、極度に薄くて軽いマットレス、下にあるケーブルを隠す
    カーペット、などだ。
    (詳細はソース元をご確認下さい)

    http://wired.jp/2014/07/06/physical-invisibility-cloak/
    http://www.wired.it/scienza/lab/2014/06/24/ecco-il-mantello-dellinvisibilita-al-tatto/(伊語)

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1404619203/

    『「触覚を消す!?」触れることのできない「透明マント」の開発』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.