no title

ワーナー・チャペルは和解金は1400万ドルを支払い、楽曲「Happy Birhday to You」は今後パブリック・ドメインとして扱われます。

世界で最も歌われる曲としてギネス認定もされている「Happy Birthday to You」は、1893年に米国のヒル姉妹が作詞作曲した「Good Morning to All」の歌詞を改変した替え歌。 1920年代にはすでに「ハッピーバースデー」と唄う誕生日ソングとしても定着していたとされます。
『「著作権があった!?」誕生日のうた…ワーナー和解金16億円でPDとなる?』の続きを読む