1: 紅茶家電◆gJlUXgVCjw 2014/05/01(木)20:48:10 ID:3Ncr3X6xh
 新たな万能細胞とされたSTAP細胞の論文問題で、小保方晴子氏の不正を認定した
理化学研究所調査委員会の委員の論文に、画像の切り貼りなど加工の疑いが指摘されて
いることが1日、分かった。
理研は、理研に所属する委員の論文について、本格的な調査が必要かどうかを判断する
ための予備調査を始めた。

 新たに指摘があった調査委員は、理研の古関明彦グループディレクターと真貝洋一主任
研究員、東京医科歯科大の田賀哲也教授。

 2003~11年に発表された論文のうち、古関氏が責任著者を務めた4本や、石井氏と
真貝氏の共著の1本、田賀氏が責任著者である2本の計7本に指摘があった。DNAを分離
する電気泳動という実験の画像の切り貼りや、細胞の写真の使い回しがあるのではという
内容で、理研は田賀氏の論文を除く5本を予備調査の対象とした。

産経新聞
http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/140501/cpb1405011931003-n1.htm
〈関連〉
STAP問題、理研調査委員長、辞任へ 自身の論文データに疑義[4/25]
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1398387343/
no title
※画像は4月9日の会見のもの


『【理研】調査委員の論文にも疑問が 理研のSTAP問題』の続きを読む