kubotamujin

農機大手のクボタは25日、人が乗らずに作業する自動運転トラクターを、6月からモニター販売すると発表した。

自動運転農機を売り出すのは日本のメーカーで初めてという。担い手が不足する国内農業の大規模化を見すえ、2018年には一般向けに売り出す計画だ。 【動画あり】
『「自動運転で田植え!?」クボタ…新型トラクター発表18年にも一般発売へ』の続きを読む