ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    農水省


    no title

    国内のバターの不足が解消に向かっている。今年度は需要の膨らむ年度末に向けてバターの緊急輸入を行わない方針を農水省が明らかにした。

    農水省によると、今年度は、乳牛に対する暑さ対策をさらに進めたことから、バターの元となる生乳の生産量が回復傾向にあるという。
    『「“バター危機”終息か!?」農水省…生産量回復で緊急輸入行わない方針』の続きを読む


    no title

    スーパーなどで家庭用のバターが不足しているため、西川農林水産大臣は乳業メーカーに家庭用のバターの増産を要請することを明らかにしました。 
    引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1417165006/
    1: 朝一くんφ ★ 2014/11/28(金) 17:56:46.95 ID:???.net

    『「バターショック!?」家庭用バター不足…農水相メーカーに増産要請へ』の続きを読む

    no title
    ウスベニアオイとミツバチ by Toshihiro Gamo

    1: ふぐのひらき◆kV6bjRA4v. 2014/06/22(日)17:09:12 ID:???
    農林水産省は、農薬による蜜蜂の被害の全国的な発生状況を把握し、被害防止対策の検討の
    基礎資料とするため、平成25年度から平成27年度までの3年間で、被害事例に関する調査を
    実施しています。

    養蜂家に対する呼びかけを強化した結果、過去の調査時(平成24年度:11件)より多い69件(平成
    25年度)の被害事例が報告されました。

    蜜蜂被害は、水稲の開花期に多く、水稲のカメムシ防除に使用した農薬(殺虫剤)を直接浴び
    たことが原因の可能性があると考えられました。
    ただし、蜜蜂からは、カメムシ防除に使用される複数の殺虫剤の成分が検出されている等、
    どの殺虫剤が蜜蜂の被害を生じさせやすいかの推定はできませんでした。

    (詳細はソース元にてご確認下さい)

    蜜蜂被害事例調査の中間取りまとめ及び今後の対策について
    平成26年6月20日
    http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/nouyaku/140620.html

    引用元:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1403424552/

    『ミツバチの大量死は水田のカメムシ用殺虫剤が原因?-- 農水省が調査』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.