ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    迎撃


    Missile-TA-690244980(1)


    【ワシントン=永沢毅】米国防総省は30日、米本土を射程に入れる大陸間弾道ミサイル(ICBM)を想定した初めての迎撃実験を太平洋上で実施し、成功したと発表した。

    ミサイル防衛システムの信頼性を高め、ICBMの開発を進める北朝鮮をけん制する狙いがある。
    『「迎撃実験の成功を発表!?」米国防総省…ICBMを想定した初の迎撃実験』の続きを読む


    no title
    ▲今年3月に発表されたドローン

    首相官邸など重要施設上空で不審な小型無人機「ドローン」を飛行させないため、警視庁が全国で初めて、機体に装着した網を使い、空中で不審機を捕獲する「迎撃ドローン」の運用を開始することが8日、分かった。
    『「ドローンにはドローン!?」網で空中捕獲…迎撃用無人機運用へ 警視庁』の続きを読む

    no title
    by Michael Pelletier

    ▲TPY-2レーダー(Xバンドレーダー)(写真は米ミサイル防衛局のもの)

    1: ゆでたてのたまご ★@\(^o^)/ 2014/05/27(火) 17:10:24.05 ID:???0.net
    米軍レーダー建設開始 京丹後、反対派が抗議行動
    【 2014年05月27日 14時00分 】

    米軍は27日午前、弾道ミサイル探知に向けて「Xバンドレーダー」を配備する
    米軍経ケ岬通信所の建設工事を、京都府京丹後市丹後町で始めた。早朝から工事
    車両が入り、基地反対派の市民団体が 抗議行動をした。完成すれば、近畿唯一の
    在日米軍基地となる。

    米軍経ケ岬通信所は、航空自衛隊経ケ岬分屯基地に隣接し、新たに借り上げた民有
    地など約3・5ヘクタールに開設。管理棟や倉庫、発電機などを建て、10月ごろ
    に移動式のレーダー本体を搬入する。軍人軍属らが最大で約160人配属され、
    年内に運用を開始する予定。
    国内での配備は、青森県つがる市の米軍車力通信所に次いで2基目となる。

    午前9時から工事現場近くで、反対派の市民団体が横断幕を掲げ、「京都に米軍はいら
    ない」と訴えた。 ~

    (詳細はソースをお確かめ下さい)

    ソース: 京都新聞 http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20140527000068
     no title
    ▲Xバンドレーダー配備のため、ショベルカーによる整地作業が始まった
    米軍経ケ岬通信所の建設現場  
    27日午前10時55分、京丹後市丹後町

    関連記事:
    TPY-2レーダーの追加配備 - 防衛省・自衛隊
    no title
    by Michael Pelletier

    ▲TPY-2レーダー(Xバンドレーダー)(写真は米ミサイル防衛局のもの)


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1401178224/

    『【軍事】米軍「Xバンドレーダー」建設開始 反対派が抗議行動 - 京丹後市』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.