ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    遺伝子


    no title

    理化学研究所や京都大などの研究グループは、アトピー性皮膚炎の原因となる遺伝子を、マウスを使った実験で突き止めたと発表した。

    新たな治療薬や予防法の開発などにつながる成果という。米医学誌「ジャーナル・オブ・クリニカル・インベスティゲーション」電子版に26日、掲載される。
    『「ワセリンで予防の可能性も!?」アトピー性皮膚炎…原因遺伝子を発見』の続きを読む


    no title

    緑色蛍光タンパク質(GFP)を作り出す遺伝子を組み込んで、緑色に光るカニクイザルを誕生させることに、滋賀医科大と実験動物中央研究所(川崎市)のチームが成功し、英科学誌電子版に25日発表した。紫外線などを当てるとサルの皮膚が緑色に発光する。
    『「緑色に光るサル誕生!?」遺伝子改変…様々な病気のメカニズム解明に』の続きを読む


    no title

    【AFP】ゾウは、その大きい体にもかかわらず、がんになることはほとんどない──。この「謎」をめぐる研究結果が8日、発表され、ゾウが持つ、がんに対する防御機能の秘密が明らかにされた。ヒントは遺伝子の中に隠されていたという。 
    『「ゾウはすごいゾウ!?」ゾウは癌にならない…防御機能の謎解明 米研究』の続きを読む


    no title

    【CNN】世の中に蚊に好かれる人と好かれない人がいる理由は遺伝子にあるかもしれない――。

    そんな研究結果を英ロンドン大学衛生熱帯医学大学院が米科学誌プロスワンに発表した。蚊の好みが遺伝子に関係している可能性を突き止めた研究は初めて。

    実験ではデング熱を媒介するネッタイシマカを容器に入れ、内部を2つの区画に仕切ってどちらに行くか選べるようにした。2つの区画では、1卵性双生児の姉妹18組と2卵性双生児の姉妹19組がそれぞれ血液を提供。姉妹のどちらが蚊に好かれるかを調査した。 
    『「俺の何処がいいの!?」蚊の好みは遺伝子に関係…双生児の血液で調査』の続きを読む


    14393290430_35266b48f5_z

    音楽で頭が良くなる!って説は昔からありますが、今度は「クラシックを聞くと学習や記憶に関する遺伝子のスイッチが入る!」ってデータが出ておりました。

    ヴァイオリン協奏曲第3番

    これはヘルシンキ大学の実験で、48人に被験者にモーツァルトの『ヴァイオリン協奏曲第3番ト長調K.216』を20分ほど聞いてもらったんですね。
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1426515993/
    1: アルゼンチンバックブリーカー(庭)@\(^o^)/ 2015/03/16(月) 23:26:33.99 ID:/ALre12U0.net

    『「遺伝子のスイッチが入る!?」モーツアルト…聞くと遺伝子が活性化する』の続きを読む


    no title

    ポーラ化成工業(横浜市)や国立科学博物館などのチームは9日、日本人のシミのできやすさにかかわる遺伝子の特徴を見つけ、そのルーツが「縄文人」にさかのぼる可能性が高いという研究結果を発表した。

    チームの本川智紀・同社上級主任研究員は、シミのもとになるメラニンの生成にかかわる遺伝子「MC1R」に着目。日本人の同社員244人を対象に、MC1Rを構成する塩基配列と、シミのできやすさの関係を調べた。
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1425903538/
    1: ジャンピングパワーボム(庭)@\(^o^)/ 2015/03/09(月) 21:18:58.74 ID:T4jLwzhF0.net

    『「顔立ちハッキリ縄文顔は要注意!?」シミができやすい…遺伝子に特徴』の続きを読む


    no title
    (イメージ)

    イネの種子を大きくする遺伝子を、名古屋大学の芦苅(あしかり)基行教授(植物分子遺伝学)らが発見した。

    この遺伝子を取り入れると、種子が15%大きくなり、コメの増産につながる可能性がある。23日(日本時間)、米科学アカデミー紀要電子版で発表される。 
    引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1419287766/
    1: もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2014/12/23(火) 07:36:06.71 ID:???.net

    『「コメ粒が大きくなる遺伝子発見!?」品種改良で増産の可能性も』の続きを読む

    1: エタ沈φ ★@\(^o^)/ 2014/08/28(木) 17:42:14.68 ID:???.net
     
    no title
    (※イメージ) by ecstaticist

     クモが糸を作る遺伝子をカイコに導入することで、天然シルクよりも1・5倍の切れにくさを持つ「クモ糸シルク」を作ることに成功したと、農業生物資源研究所(茨城県つくば市)の桑名芳彦主任研究員の研究グループが米科学誌電子版で発表した。

    細くて強度があり、熱にも強い性質を利用して手術用の縫合糸や防護服への応用が期待できるとしている。 
    引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1409215334/

    『切れにくい「クモ糸シルク」強度1.5倍…クモの遺伝子をカイコに導入』の続きを読む

    no title

    1: ◆sRJYpneS5Y 2014/05/12(月)13:21:43 ID:8bwrUWDaB
    高所恐怖症、閉所恐怖症、昆虫恐怖症、視線恐怖症、先端恐怖症・・・、
    程度の差はあれど、誰しもが何らかの恐怖や不安を抱いて生活している。
    人間にとっ て「生きること」は「恐怖に立ち向かうこと」と言い換えて
    も過言ではない。通常、恐怖を乗り越えるためには長期にわたるメンタル
    トレーニングを要するが、 DNA修飾技術を活用すれば容易に恐怖心をコン
    トロールできる可能性があるという。


    以下続きはこちらから 秒刊サンデー
    http://www.yukawanet.com/archives/4674205.html


    『【秒刊】遺伝子操作によって人類が「あらゆる恐怖」を克服する日がやって来るらしい』の続きを読む

    1: ぱぐたZφ~社会篇◆FdDsU0B5ivx5 2014/04/15(火)19:30:39 ID:h7TPb96Oi
    「やらなきゃいけないことがある……でも今日はちょっといいや……うん、明日やろう」。そんなふうに物事を後回しにしたり、締め切りがちゃんと守れなかったりする人をよく見かけないだろうか。

    なんと、この性格、実はDNAに刷り込まれていたもので、「先延ばし遺伝子」というものが存在するのではないかという説が浮上しているのだ!!

    ・双子を使った実験
    「先延ばし遺伝子」を発表したのは米国コロラド大学の研究チーム。その存在を証明するために行われた実験には、何組もの双子が集められた。双子には、それぞれ「どれくらい仕事を先延ばしにするか」「どれくらいの頻度で締め切りが迫ってから仕事を始めるか」などの質問が用意された。

    ・二種類の双子
    双子には一卵性双生児と二卵性双生児という二種類の双子が存在する。前者のタイプの双子は同じDNAを持っていて、後者は別々のDNAを持っている。今回の調査では両方のタイプの双子が用意されていた。研究者は質問の結果を、この二種類の双子間で比較することによって、「物事を先に延ばす性格」が、遺伝子に由来するものなのかどうかを調べたのだ。

    ・衝動的な傾向
    その結果……そのような「先延ばし」の性格と遺伝子には大きな関係があり、「先延ばし遺伝子」と言えるものは存在するという結論に至ったのだ。驚くことに、発見はそれだけではなかった。なんと、先延ばしをする傾向にある人は、衝動的な人が多いということも分かったのである。

    〈以下略〉

    全文はソースで
    ロケットニュース
    http://rocketnews24.com/2014/04/15/432155/

    引用元:http://ai.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1397557839/

    『【話題】締め切りを守れないのは遺伝のせい?「先延ばし遺伝子」が存在する説が発表される』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.