ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    遺跡


    4059203971_12c743fa08_z(1)


    遠い未来の考古学者たちは、綿をインディゴで染めたズボンを20~21世紀の一般的な衣服として分類するだろう。「ジーンズ」と呼ばれるこれらの服は「スキニー」、「ブーツカット」などに細分化され、あらゆる土地で見つかることから、貿易や文化が急激にグローバル化した証拠とみなされるはずだ。

    同時に、2016年9月14日に学術誌「Science Advances」に発表された興味深い論文も引き合いに出されるだろう。人類が少なくとも6000年前には綿をインディゴ染料で染めていたことを示唆する論文だ。
    『「6000年前のジーンズ!?」ペルーの遺跡でインディゴブルーの綿織物』の続きを読む


    544
    ▲イカのオアシス

    ナスカの地上絵やマチュピチュなど、古代文明の痕跡を数多く残すペルー。

    その中でも有名なのが、ナスカから約200㎞の場所にある砂漠に囲まれた小さな村、イカという村で見つかった5万個あまりの不思議な石だ。
    『「恐竜!脳の外科手術?」イカの不思議な石…高度に発達した文明の証か』の続きを読む


    no title

    過去に撮影された月面の写真上に、廃墟の壁とも思える神秘的な物体が発見された。UFO研究者が指摘するところによると、地球外文明の住人によって作られた、放棄された戦略的対象物の可能性がある。
    引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/dqnplus/1419060486/
    1: ちくわ部φ ★ 2014/12/20(土) 16:28:06.93 0.net

    『「月面で地球外文明の遺跡!?」アポロ15号任務中に撮影された…らしい』の続きを読む

    1: 兄者P提督◆oVQwBwg15o 2014/04/20(日)17:48:37 ID:kp9Oh81qk
     デンマーク最古の都市の1つとして知られる中部の街・オーデンセ。
    この街の広場で昨年から行われている遺跡発掘作業の中で、先日、
    昔の人々の生活ぶりが分かる貴重な資料が発見されたそうだ。
    それは、未だ臭いを放つほど保存状態が良好な、1300年代に使われて
    いたとされる“樽のトイレ”だった。

     デンマーク紙コペンハーゲン・ポストやユランズ・ポステンなどによると、
    樽のトイレが見つかったのは、昨年から始め、現在も発掘作業が続けられ
    ているオーデンセ中心部にある広場。同国の考古学者らが昨年、土の中に
    埋まっていた複数の大きな樽を見つけ、分析作業を進めたところ、
    内容物などから人の排泄物と判明し、樽は1300年代にトイレとして使われた
    ものだと結論づけたという。700年も前のものでありながら保存状態はとても良好で、
    未だ樽からは「臭い匂い」がしているそうだ。

    この面白い発見がいかに歴史的に重要なのかを教えてくれたのは、
    発掘作業に携わる考古学者のマリア・エリザベス・ラウリドセンさん。
    (以下略)

    続きは引用元でどうぞ↓(引用元:ナリナリドットコム)
    http://www.narinari.com/Nd/20140425563.html
    画像:
    no title
    no title
    ▲いっぱい溜まってるのは土だよね?ね?


    『【考古学】まだ臭う700年前のトイレ発見、排泄物や革・布などお尻拭くアイテムも。』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.