8692605178_f88d92a9e8_z(1)

中国北西部の青海省などで、野犬の被害が相次いでいる。

価格が下落したことにより、ブリーダーが数千匹に及ぶチベット犬の飼育を放棄。
地元の動物保護グループが対応にあたっているが、数が多すぎて追いつかず、寺院を徘徊したり、家畜や人を襲ったりする野犬が増えているのだという。9月14日、中国の環球時報などが報じた。
『「捨てられ野犬化!?」チベット犬バブル崩壊…過去には2億円の価値も』の続きを読む