no title

クモの糸は「地球上にある最強の素材」と言われてきた。軽い上に強度は鉄の四倍、防弾チョッキに使われる繊維の六倍-。もしクモの糸を鉛筆ほどの太さに束ね、その糸で巨大なクモの巣を張れば「飛んでいるジャンボ機を止められる」との試算もあるほどだ。

「人がクモの糸をつくることができたら…」

これまで多くの研究者が実用化に挑んでは失敗してきたが二〇一五年、本格的な量産に向けて日本のベンチャー企業が第一歩を踏み出す。山形県鶴岡市の「スパイバー」が今月中に、年二十トンのクモの糸を人工的に生産する工場を稼働させる予定だ。 
引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1421015956/
1: もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2015/01/12(月) 07:39:16.88 ID:???.net

『「クモの糸を量産!?」超最強だけど快適素材…2015年量産体制へ』の続きを読む