ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    韓国


    no title

    3日に初運行を開始した仁川(インチョン)国際空港の都心型無人磁気浮上列車が、運行開始から約8分で線路上に止まる出来事が起き、政府が原因調査に乗りしている。

    国土交通部(国土部)は、この列車について、日本に次いで世界で2番目に商用化に成功したと、大々的に広報した。【追記あり 2016.02.05】
    『「運行8分でストップ!?」韓国リニア列車…ゲスト載せ初運行で不具合』の続きを読む


    no title

    28日、日本と韓国は「最終的かつ不可逆的に」慰安婦問題を解決することで合意。慰安婦支援の目的で韓国が財団を設立し、日本政府が約10億円を拠出することも決まった。

    長年に渡って両国関係の障害となってきた問題解決にようやく目処がついたことを欧米紙は評価しつつ、問題の本質や今後の課題を考察している。
    『「もう対岸の火事ではない!?」慰安婦問題合意…欧米メディアどう捉えた』の続きを読む


    no title


    産経前支局長に無罪言い渡す 

    韓国のパク・クネ(朴槿恵)大統領の名誉を傷つけたとして在宅起訴された産経新聞の前ソウル支局長に対し、韓国の裁判所は17日午後、「大統領をひぼうする目的はなかった」などとして無罪判決を言い渡しました。

    『「誹謗する目的はない!?」韓国地裁…産経前ソウル支局長に対し無罪判決』の続きを読む


    no title

    【AFP】アルバムの写真撮影のために米国入りを予定していた韓国の新人女性グループ「Oh My Girl(オーマイガール)」のメンバー8人全員が10日、米ロサンゼルスの空港で、売春の疑いで身柄を拘束された。所属事務所のWMエンターテインメントが11日、発表した。
    『「K-POPの新人女性グループ拘束!?」米空港…衣装など売春目的と疑われ』の続きを読む


    no title

    来年2月、韓国”最年少博士”タイトルを与えられることになっていた韓国の天才少年ソン・ユグン(17)君の博士学位取得が事実上、白紙となった。

    科学技術連合大学院大学(以下、UST)は25日、記者会見を開き「ソン・ユグン君の論文盗作と関連した公式立場」を発表した。
    『「転載少年に!?」韓国天才少年ソン・ユグン…最年少博士“盗作”で白紙』の続きを読む


    image

    2015年11月18日、韓国・聯合ニュースによると、シリアからの難民200人が航空機で韓国に入国した。

    韓国情報機関の国家情報院は同日、国会情報委員会の全体会議で、「韓国に来た200人のうち135人は、人道的な配慮から滞在許可を得て『準難民』として一時的に在留しており、今後も在留できるかどうかは法務部が審査中。残りの65人はまだ空港で待機している状態だ」と明らかにした。
    『「シリア難民が流入!?」対応に苦慮…韓国に難民200人が航空機で入国』の続きを読む


    no title

    【ソウル=名村隆寛】韓国南西部の全羅南道、珍島沖で昨年4月に起きた旅客船セウォル号沈没事故で、乗客を救助せず船から逃げたとして殺人などの罪に問われた船長のイ・ジュンソク被告(70)らに対する上告審の判決公判が12日、ソウルの韓国最高裁で開かれ、最高裁は二審の無期懲役判決を支持し、被告、検察双方の上告を棄却する判決を言い渡した。

    殺人罪を適用した判決により、イ被告の無期懲役が確定した。
    『「殺人罪で無期懲役確定!?」セウォル号船長…“未必の故意”上告は棄却』の続きを読む


    no title
    ▲蔚山(ウルサン)のクジラ祭り

    29日、韓国メディアによると、日本海沿岸で20頭以上のミンククジラを捕獲し、市場に流通させた船主や卸売業者らが一斉に摘発された。これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。
    『「日本海沿岸でクジラ違法捕獲!?」“韓国漁師ら摘発”に韓国ネットの声』の続きを読む


    1290535270_f0407c710d_z
    ▲壁をぶち破れ! (イメージ)

    韓国で若者研究者1000人を支援する国家的プロジェクトが推進される。事業名は「Next-decade-100(ネクスト・ディケイド100)」 だ。

    毎年30代前後の研究者100人を選定し、5年間研究費を支援する。今後10年間で100人ずつを選抜していく計画だ。 (中央日報)
    『「ついにノーベル賞の奥義を会得!?」韓国…30代前後の科学者1000人育成』の続きを読む


    2167631909_c2ae6c4794_z

    【ソウル=水沼啓子】ソウル中央地裁で19日に開かれた
    加藤達也・本紙前ソウル支局長の第10回公判では、誤訳や意訳などの問題が指摘された前回の公判と同じ司法通訳の女性が担当した。
     
    このため急遽、弁護側が用意した別の通訳が、司法通訳の通訳を確認し、誤りを正しながら進行する異例の事態となった。
    『「国際化対応に遅れ!?」産経ソウル支局長公判…通訳の誤訳多発で混乱』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.