ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    食文化


    chinafood(1)

    料理をテーマとした中国のドキュメンタリー番組「舌で味わう中国」が5年前に放送を開始し、中国のグルメや生活を紹介し、中国各地のグルメの実態は多くの人を魅了した。

    そしてこのほど、30年前に日本が撮影した「中国の食文化」という番組があるネットユーザーによって発見された。【動画あり】
    『「今では文化が断絶した!?」1985年日本が撮影した中国食文化の記録映像』の続きを読む

    1: おじいちゃんのコーヒー ◆I.Tae1mC8Y @しいたけφ ★ 2014/01/29(水) 08:23:01.70 ID:???0
     
    「アメリカ人って、何に関してもオープンマインドで良いよね」
    と思っている人は多いはずだ。ステレオタイプで言えばそうだろう。
    しかし米国内で「日本人はこうなんでしょ?」と言われてしまうと
    「え? 私は違うんですけど」と思うこともしばしばである。人種やお国は関係なく
    個人差ですよね。私はそんなことを踏まえた上で、アメリカ人の「食」に関する調査をすることにした。

    オープンマインドと思われがちなアメリカ人だが、「食」に関してはそれほど
    冒険できないようである。(中西部シカゴ在住というのが関係しているのか!?)
    日本ならコンビニをはじめ、食品やスナック関係の新商品が次から次へと発表され、浸透率もかなり早い。
    「とりあえず試してみよう! 」的な心意気が日本人にはある、と思う。

    しかしアメリカ人だと見ただけで「ノーサンキュー」が出てくる始末。
    (いまだに寿司が食べられない人多数) 幼少から食べて来たものだけを繰り返し
    食べ続けるタイプの人が多いようにも思う。新製品も滅多に出ず、昔ながらの味にこだわっているよう。

    日本人でも作れる「アメリカ人が喜んで食べられそうな食事」となると、
    NHK朝ドラ『ごちそうさん』の「開明軒」みたいな、昭和の洋食屋さんが思い浮かぶ。
    となるとケチャップチキンライスやハンバーグを作りがちだが、それがどうも駄目らしい。
    日本では「洋食」と思われているものが、本場のアメリカ人には受け入れられない。
    そもそも、ケチャップはハンバーガーやホットドッグにかけるものであって
    ご飯に混ぜるものではない、という考えがあるようだ。

    それなら見なきゃいいんだ! と思って「目つぶって食べてみて~」と押す私。
    「でも味がするよ、ケチャップとご飯は無理」という回答。
    「パスタだったらどう? 」「おえっ! なんでケチャップ? パスタソースか、
    トマトソース使ったらいいよ」と一方通行。
    実はこのケチャップ実験、多数のアメリカ人にも試みたが同様の反応。

    イカカゴメ、いやソース
    http://www.excite.co.jp/News/bit/E1390288467414.html
    no title
    ※イメージ

    『【グルメ】アメリカ人はケチャップライスが苦手! 米人「ケチャップはホットドッグやハンバーグにかけるものだろう?」』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.