ecn1701110034-p1(1)

鹿島は11日、大分市のダム工事に日本で初めて自動ダンプカーを導入すると発表した。

ブルドーザーや振動ローラーも自動化し、複数の重機を1人で操れるようにする。建設業に従事する技能労働者は高齢化に伴う離職で平成37年には26年比で約130万人減る見込みで、鹿島をはじめ大手ゼネコンは建設現場の人材不足を補おうと自動化を加速させる。
『「自動ダンプカー!?」鹿島・コマツ共同開発…大分ダム工事に日本初導入』の続きを読む