no title

麻薬を米国から違法に輸入したとして、警視庁は18日、トヨタ自動車常務役員のジュリー・ハンプ容疑者(55)を麻薬取締法違反(輸入)の疑いで逮捕した。捜査関係者への取材でわかった。

ハンプ容疑者は米国出身で、今年4月に女性としてはトヨタ自動車で初の常務役員に就任。広報部門を担当している。
『「麻薬輸入の疑い逮捕!?」トヨタ米人女性役員…鎮痛剤のつもりで輸入か』の続きを読む