1: 禿の月φ ★ 2014/03/12(水) 20:29:07.79 ID:???0
 ゴーストライターによる作曲騒動で謝罪会見を開きながら、ゴーストを務めた桐朋学園大非常勤講師、
新垣(にいがき)隆氏(43)を「訴える」と語った佐村河内守(さむらごうち・まもる)氏(50)の代理人に
強力弁護士が就任したことが12日、分かった。

 代理人に決まったのは、ロス疑惑の故三浦和義氏の無罪判決などを勝ち取った
弘中惇一郎氏(68)が代表弁護士を務める「法律事務所ヒロナカ」の山縣敦彦弁護士。
さらに、同事務所と親交のある「三羽総合法律事務所」の秋山亘(とおる)弁護士という
30代の2人がタッグを組む。

 以前の担当弁護士は辞任したため、佐村河内氏は「法律事務所ヒロナカ」に依頼していた。
山縣、秋山両弁護士はこの日、連名の文書で「(騒動の)事実関係や法的問題に関する調査を進め、
しかるべき対応をとる所存です」と明言。山縣弁護士は本紙の取材に「佐村河内氏から聞き取り調査と
資料集めをしており、訴える訴えないを含め検討中」と語った。

 佐村河内氏は8日の会見で自らを感音性難聴と明言。新垣氏から「普通に聞こえる」と
指摘された点などについてウソと断言し、「(新垣氏を)名誉毀損で絶対訴える」としており、
臨戦態勢を整えたといえそう。

ソース:SANSPO.COM(サンスポ・コム)
http://www.sanspo.com/geino/news/20140312/oth14031220150027-n1.html
画像:佐村河内守氏
no title

『【音楽】佐村河内守氏の代理人に強力弁護士2人が就任』の続きを読む