ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    DNA


    tmg-slideshow_l(1)

    【ロサンゼルス共同】米ロサンゼルスで提供されるすしネタの約半数が注文したものと違う魚だった―。カリフォルニア大ロサンゼルス校などがすし店などでネタのDNAを調べ、12日までに米科学誌などで発表した。
    『「半数以上が別の魚!?」ロスの寿司ネタ…米大学がDNA調査を行い判明』の続きを読む


    15661535760_42a11fcec5_z

    「文芸春秋」(10月号)に掲載された記事、「言ってはいけない格差の真実」を巡って議論が起きている。

    筆者は作家の橘玲氏。「知識社会においては、経済格差は知能の格差だ」と主張している。記事は、雇用対策や貧困など全8つの項目にわたっているが、ネットで物議を醸しているのが「知能は遺伝する」という点だ。
    『「知能は遺伝する!?」残酷すぎる真実…日本の教育政策は金のムダ?』の続きを読む


    no title

    【CNN】世の中に蚊に好かれる人と好かれない人がいる理由は遺伝子にあるかもしれない――。

    そんな研究結果を英ロンドン大学衛生熱帯医学大学院が米科学誌プロスワンに発表した。蚊の好みが遺伝子に関係している可能性を突き止めた研究は初めて。

    実験ではデング熱を媒介するネッタイシマカを容器に入れ、内部を2つの区画に仕切ってどちらに行くか選べるようにした。2つの区画では、1卵性双生児の姉妹18組と2卵性双生児の姉妹19組がそれぞれ血液を提供。姉妹のどちらが蚊に好かれるかを調査した。 
    『「俺の何処がいいの!?」蚊の好みは遺伝子に関係…双生児の血液で調査』の続きを読む

    no title

    1: かじりむし ★@\(^o^)/ 2014/06/05(木) 20:56:13.09 ID:???0.net
    ゴッホの耳の生体レプリカ、ドイツの美術館で展示
    http://www.afpbb.com/articles/-/3016815
    AFP 2014年06月05日 08:32 発信地:ベルリン/ドイツ
    van-gogh-vangoghgallery-com
    【6月5日 AFP】オランダの画家ビンセント・ファン・ゴッホ(Vincent Van Gogh)が
    切り落とした耳の生きた複製が、あるアーティストによって展示用に制作された。ドイ
    ツの美術館が4日、明らかにした。

    生体物質を使用した芸術作品を専門とするディームット・シュトレーベ(Diemut Strebe)
    さんは科学者らの協力を得て、ゴッホの親戚のDNAと3Dプリンターを使ってゴッホの耳を
    再現した。

    ドイツ南西部カールスルーエ(Karlsruhe)の美術館カールスルーエ・アート・アンド・メデ
    ィア・センター(Center for Art and Media Karlsruhe、ZKM)の広報担当者によると、耳は
    コンピューター画像処理技術を使用して培養軟骨を成長させたもので、「ゴッホの耳の形と
    同じ」という。

    軟骨細胞はゴッホの弟、テオ(Theo)のやしゃご、リーウ・ファン・ゴッホ (Lieuwe van
    Gogh)さんが提供したものを使用した。

    同広報担当によると、展示されている耳は生きた細胞と人工物できており、 「シュガー
    ベイブ(Sugababe)」と題された「生体芸術作品」となっている。

    来館者は、マイクを使って耳に話しかけることができ、その音は耳が浸されて
    いる栄養溶液を通り抜けて、展示場で放送される。
    van_gogh_ear_0506_840_631_100
    写真:ドイツ南西部カールスルーエの美術館カールスルーエ・アート・アンド・
    メディア・センターで展示される、ディームット・シュトレーベさんが生体物質を
    使って復元したビンセント・ファン・ゴッホの耳(2014年6月4日撮影)

    (c)AFP/THOMAS KIENZLE
    (詳細はソースにてお確かめ下さい)


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1401969373/

    『【芸術】最新技術で再生!切り落とされたゴッホの耳 生体レプリカとしてドイツの美術館で展示』の続きを読む

    no title

    1: ◆sRJYpneS5Y 2014/05/12(月)13:21:43 ID:8bwrUWDaB
    高所恐怖症、閉所恐怖症、昆虫恐怖症、視線恐怖症、先端恐怖症・・・、
    程度の差はあれど、誰しもが何らかの恐怖や不安を抱いて生活している。
    人間にとっ て「生きること」は「恐怖に立ち向かうこと」と言い換えて
    も過言ではない。通常、恐怖を乗り越えるためには長期にわたるメンタル
    トレーニングを要するが、 DNA修飾技術を活用すれば容易に恐怖心をコン
    トロールできる可能性があるという。


    以下続きはこちらから 秒刊サンデー
    http://www.yukawanet.com/archives/4674205.html


    『【秒刊】遺伝子操作によって人類が「あらゆる恐怖」を克服する日がやって来るらしい』の続きを読む

    1: 禿の月φ ★ 2014/03/07(金) 13:40:36.98 ID:???0
     かねてより、故マイケル・ジャクソン(享年50)の息子ではないかと噂されていた
    ミュージシャンのB.ハワードことブランドン・ハワード。その父が実際に
    マイケルであった可能性が高いとして、大騒動が巻き起こっている。

     マイケル・ジャクソンの遺児3人の誰よりも、マイケルにソックリと評判の
    B.ハワード。そのDNAとマイケルのDNAを検査した結果、なんと
    「99.9パーセントの確率で父子である」という結果が出たと報じられた。
    >>2以降に続きます)

    ソース:Techinsight Japan
    http://japan.techinsight.jp/2014/03/kay-b-howard-may-be-michael-jacksons-son.html
    画像:確かにマイケル・ジャクソンにソックリだが… (画像はtwitter.com/BHowardOfficialより)
    no title

    no title

    『【海外】「故マイケル・ジャクソンの息子」と噂の男性歌手、DNA検査で息子と判明か』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.