2696933aa6(1)


(花蓮 14日 中央社)東部・花蓮の名産である餅を空軍の操縦士が戦闘機に持ち込んだ行為が議論を巻き起こしている。

批判の声が噴出したのに対し、一部の市民や花蓮の餅業者は操縦士を支持する姿勢を表明。「空軍支持、餅を応援」のスローガンの下、様々な行動が繰り広げられている。

『「戦闘機に“餅”持ち込み波紋!?」地元業者“餅は無罪”と応援…台湾』の続きを読む