ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    FCV


    4087181226_699a0c984e_z(1)

    世界的に自動車の電動化に向けた動きが加速し、電気自動車(EV)が次世代エコカーの主流に躍り出ようとする中、二酸化炭素(CO2)を排出しない「究極のエコカー」の普及には大きな壁が立ちはだかっている。

    水素を燃料とする燃料電池車(FCV)は高価な上、水素を充填(じゅうてん)する水素ステーションも不足。無尽蔵の太陽光を動力源とするソーラーカーは実用化のめどすら立っていない状況だ。

    EVの急速な普及は電力不足や、電気を作るための火力発電の増設によるCO2増加という“本末転倒”も起こしかねない。「CO2排出ゼロ」の実現に向けて解決すべき課題は山積している。
    『「EV普及で火力増設!?」EV・FCV普及に壁…インフラ、電気不足、コスト』の続きを読む


    FUELCELL-videoLarge(1)

    ホンダは1月30日、米GM(ゼネラルモーターズ)と共同開発を進めている車載用の燃料電池システムを米ミシガン州で2020年から合弁生産する計画を発表した。

    これに伴い、日本での燃料電池の生産はこの合弁工場に集約する方針だ。
    『「燃料電池生産で合弁!?」ホンダ・GM…日本での生産をアメリカに集約』の続きを読む


    c0190190_12212851(1)

    昭和電工などは19日、アンモニアから燃料電池車(FCV)に使う水素を製造する技術の開発に世界で初めて成功したと発表した。

    アンモニアは水素を多く含むが、FCV用の水素燃料は高い純度が求められるなどの理由で作るのが難しかった。昭和電工では開発で「原料活用に向け大きく踏み出した」という。
    『「アンモニアから水素製造に成功!?」FCV用水素の“地産地消”が可能に』の続きを読む


    no title

    経済産業省は16日、燃料電池車(FCV)に燃料を補給する水素ステーションを、2025年度までに現在の4倍となる320か所に増やす計画案をまとめた。

    FCVについては25年までに20万台、30年までに80万台の普及を目指す数値目標を設定した。経産省は規制緩和や補助金により企業の活動を後押しし、これらの実現を目指す。
    『「現在の4倍の320か所に!?」水素ステーション…25年度までに増設へ』の続きを読む

    1: 北村ゆきひろ ★ 2014/09/06(土) 21:10:40.48 ID:???.net
    トヨタ自動車が2014年度内に市販を始める燃料電池車の車名を「ミライ」とする見通しになったことが6日、分かった。

    no title

    燃料電池車は走行中に水しか出さない「究極のエコカー」とされ、自動車や交通社会の「未来」をイメージしたとみられる。11月にも車両の概要とともに発表する。 
    引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1410005440/

    『「ミライ」トヨタ、初の市販燃料電池車…2014年度内に市販見通し』の続きを読む
    Copyright © 2014-2017 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.