no title
▲そういうことでは...

ロボットアニメ「機動戦士ガンダム」が誕生して40周年を迎える2019年に、高さ18メートルの立像を実際に動かす壮大な計画が始動した。

プロジェクトには台湾のロボット開発者も参加し、夢の実現に挑む。


プロジェクトを推進しているのは一般社団法人ガンダムGLOBAL CHALLENGE(宮河恭夫理事長)。1979年に日本でガンダムのテレビ放映が始まって40年目に当たるのを記念して企画したもので、昨年7月から今年2月まで、ガンダムを動かすためのアイデアや設計プランを全世界から公募。
『「原寸大ガンダムを歩かせる!?」チャレンジ…夢の開発プロジェクト始動』の続きを読む