ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    JASRAC


    no title

    音楽大手のエイベックス・グループ・ホールディングスが日本音楽著作権協会(JASRAC)から離脱するとの報道で、音楽関係者や音楽ファンに衝撃が広がっている。

    これまで音楽著作権ビジネスはJASRACのほぼ独占状態にあったが、エイベックスが同協会に任せていた約10万曲の著作権管理を系列会社のイーライセンスに移行する方針であることが明らかになった。
    『「エイベックスJASRACを離脱!?」独占に風穴か?…反面二重取りの懸念も』の続きを読む


    no title
    ▲年貢の取り立て? ご無体なぁ!

    著作権使用料を支払わずにCDや携帯音楽プレーヤー、パソコンなどでBGMを流していた美容室や衣料品店、飲食店に対して、JASRACが使用料支払いなどを求める調停を各地の簡易裁判所に申し立てたというニュースがありました。

    1999年の著作権法改正(附則14条の廃止)により、飲食店等でCDをプレイすることも著作権法上の「演奏」として扱われるようになったことから、たとえ自分で買ったCDであっても、店舗でBGMとしてかける場合(=営利目的)には著作権者(=JASRAC)の許諾が必要になっていますので、これはしょうがないと言えます。
    『「もちろん合法的!?」JASRACにお金払わず店でBGMを流す方法はあるか?』の続きを読む


    no title
    ▲ANTI-MONOPOLY?独占禁止... (イメージ)

    テレビやラジオで使われる楽曲の著作権管理事業を巡り、日本音楽著作権協会(JASRAC)の契約方法が独占禁止法違反(私的独占)にあたるかどうかが争われた訴訟の上告審で、最高裁第3小法廷(岡部喜代子裁判長)は28日、独禁法違反ではないとした公正取引委員会の審決を取り消す判決を言い渡した。

    「他事業者の参入を排除している」とした一審・東京高裁の判断が確定した。
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1430205671/
    1: 断崖式ニードロップ(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/28(火) 16:21:11.08 ID:qEot+Gum0.net

    『「新規参入を妨げている!?」最高裁…JASRACの方式には“誤りがある”』の続きを読む

    3974341777_c6104dd413_z
    by Melody Kramer

    1: フライングニールキック(愛知県)@\(^o^)/ 2014/06/26(木) 21:51:01.46 ID:C+RBbmnY0●.net BE:461158628-PLT(32222) ポイント特典
    キャバクラ:生演奏「著作権を侵害」 東京地裁判決

    日本音楽著作権協会(JASRAC)が、管理する楽曲をキャバクラ店がピアノで生演奏
    しているのは著作権侵害だとして、演奏の差し止めなどを求めた訴訟の判決で、東京地裁は
    26日、キャバクラを経営する3社に生演奏の差し止めや約1570万円の支払いなどを命
    じた。

     経営3社側は「演奏と収益は関係がない。ピアノはインテリアとしての要素が圧倒的に
    強い」などと主張したが、高野輝久裁判長は「演奏で雰囲気作りをした店を好む客を集め、
    利益を増やす狙いだった」と退けた。
    店内ではJASRACが管理する楽曲が少なくとも1日10曲は生演奏されていたと認定
    した。

     判決によると、3社は東京・銀座や六本木で80?120席の高級キャバクラ3店を経営
    (うち1店は閉店)。客が女性の接客を受けるフロア内で、ピアニストにジャズやポップス
    などを演奏させていた。 基本料金は1時間1万?1万5000円前後だった。【山本将克】

    http://mainichi.jp/select/news/20140627k0000m040055000c.html


    関連スレ:
    フィフィ、生演奏を規制するJASRAC批判「規制しすぎて音楽業界を衰退させてるって...



    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1403787061/

    『「ピアノ生演奏は著作権侵害?」JASRACキャバクラ店に1570万円支払命令!』の続きを読む

    1: 禿の月φ ★ 2014/02/14(金) 07:24:14.49 ID:???P
     ゴーストライター問題の渦中にあり、現在の「全聾(ろう)」状態もウソだと告白した
    作曲家佐村河内(さむらごうち)守氏(50)が、これまで得た著作権料の返還を免れる
    方向であることが13日、分かった。

     今回の問題では、桐朋学園大非常勤講師の新垣隆氏が、18年間にわたって
    佐村河内氏のゴーストライトをしていたことを発表。佐村河内氏もそれを認めているが、
    音楽の著作権を管理する日本音楽著作権協会(JASRAC)広報担当者によると、
    (1)新垣氏と合意がある(2)18年の長期間にわたっていることを考慮し、
    「JASRACが過去にさかのぼって佐村河内氏に支払った著作権料の
    返還を求める可能性は低い」という。

     佐村河内氏の名義で11年7月20日にリリースされた
    「交響曲第1番 HIROSHIMA」は、クラシックでは異例の
    18万枚の出荷があり、同作の売り上げやコンサート使用料などで
    既に数千万円を得たと推定。他に映画音楽、ゲーム音楽なども
    多数手掛けたことになっており、総収入は1億円超とみられる。
    一方、新垣氏は18年間で20曲以上を代作し、約700万円を得たことを明かしている。

    ソース:ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
    http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20140214-1257280.html
    no title

    『【音楽】佐村河内氏、著作権料ボロ儲け!億超え』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.