ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    NASA


    6a4473e9868866d9ad6772c10fc46882(1)

    NASAの商用有人宇宙船開発計画の一環として、地球と国際宇宙ステーション(ISS)の間を往復する宇宙カプセル「商用有人宇宙船CST-100スターライナー」の開発を手がけるボーイングが、スターライナーの乗組員向けの新型宇宙服を公開しました。

    青を基調とした宇宙服は、映画「2001年宇宙の旅」で登場した宇宙服のデザインに似ているという声もあがっています。 【動画あり】
    『「2001年宇宙の旅!?」NASA…映画のような機能的デザインの宇宙服を発表』の続きを読む


    space3(1)

    【AFP】トイレに行きたいけれど、広い宇宙の大海原で宇宙服にがっちりと身を包み、周囲にはトイレはなく、すぐそばに他の宇宙飛行士らがいる状況だったら、あなたはどうするだろうか。

    この厄介な問題を解決するため、米航空宇宙局(NASA)は宇宙用トイレのアイデア募集に乗り出した。
    『「宇宙服へ内蔵するトイレ!?」NASA…アイデアを公募 賞金3万ドル』の続きを読む


    Jupiter-moon-spouts-water
    (イメージ)

    米航空宇宙局(NASA)は27日までに、木星の衛星エウロパの地表から水蒸気が噴き出すような現象をハッブル宇宙望遠鏡で観測したと発表した。

    エウロパの大きさは月と同程度。太陽系の中でも特に生命が存在できる可能性が大きい天体と考えられている。【動画あり】 
    『「NASAもったいぶって発表!?」木星衛星エウロパ…“水蒸気の噴出”観測』の続きを読む


    pia21030_main_2_north_polar_full-disk_a(1)
    ▲木星の北極側

    【AFP】米航空宇宙局(NASA)は2日、無人探査機「ジュノー(Juno)」が8月27日に初めて行った近接観測(フライバイ)で撮影した木星の北極と南極の画像を公開した。太陽系の他の惑星には見られない雲などの気象も見て取れる。
    『「思っていたのと違う!?」木星の鮮明画像…無人探査機Juno初撮影 NASA』の続きを読む


    batteryChange(1)
    (File photo)

    国際宇宙ステーション(ISS)の主電源が全て日本製のリチウムイオン電池に切り替わることになり、宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2日、鹿児島県の種子島宇宙センターで、今年度打ち上げ予定の無人補給機「こうのとり」6号機に積み込む準備作業を報道陣に公開した。
    『「日本製に切り替え!?」ISS用バッテリー…無人補給機に積み込み交換』の続きを読む


    drought600(1)

    暑い。皆さん、今年って妙に熱くありませんか?

    実はNASAによると、今年の4月は過去最高に暑い4月だったそうなんです。通りで暑いわけだ…さらにNASAによると、「2016年は過去最も暑い年」になると推測されているんだとか。皆さん、夏に向けて避暑の準備はできていますか?
    『「史上最も暑い年!?」NASAが発表…2016年は観測史上最高になると推測』の続きを読む


    no title

    舞うチョウほどの大きさの小型探査機数百機が、超高速で宇宙を旅して地球から4.37光年離れた恒星系を目指す――。理論物理学者のスティーブン・ホーキング氏らが12日、米ニューヨークで記者会見してそんな壮大な計画を発表した。 【動画あり】
    『「4光年先へ20年で!?」超小型探査機…ホーキング氏ら壮大な計画を発表』の続きを読む


    no title
    ▲ハート型の平原に...

    現在無人探査機のニュー・ホライゾンズは冥王星の観測を終え、地球に向かってさまざまな観測データを送信しています。

    その中から、NASAは「冥王星に凍った池が過去に存在した」ことを示すと思われる画像を公開しています。上が公開された画像ですが、確かに池だと言われれば池っぽいですね。
    『「凍った池を発見!?」冥王星…幅130m凍った池を思わせる画像公開 NASA』の続きを読む


    no title

    【ワシントン=三井誠】米航空宇宙局(NASA)は、宇宙で風船のように膨らんで飛行士が暮らす空間を作り出す「膨張型居住棟」の試験機を4月8日、国際宇宙ステーション(ISS)に打ち上げる。 

    『「宇宙で膨らまして使う!?」宇宙ホテル試験機打ち上げ…将来は火星にも』の続きを読む


    no title
    ▲船長、止まりませーんっ! (イメージ)

    米航空宇宙局(NASA)による現在の推測では、人が火星まで行くのに最短でも5カ月かかるという。

    NASAの科学者フィリップ・ルービンは、「NASA 360」向けの動画のなかで、ひとつの可能性を述べている。「光子推進(レーザー推進)」を利用したシステムなら、わずか3日で火星まで到達できるというのだ。

    このシステムは、簡単に言うと、大出力レーザーを宇宙船に照射することで超高速を実現させるというものだ。【動画あり】 
    『「3日で火星まで到達!?」大出力レーザー推進を利用したシステムなら…』の続きを読む
    Copyright © 2014-2017 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.