ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    NASA


    no title

    太陽の活動は現在、この100年間のうちで最も低下している。

    2016年2月12日にNASAが撮影した太陽の画像。目に見える大きさの黒点は完全に消滅し、フレアの発生もなくX線の放射も平坦化し、太陽の活動はほぼ静止状態となった。 
    『「太陽が活動を停止!?」黒点が消滅…フレア発生もなくX線放射も平坦化』の続きを読む


    no title

    弾丸の代わりに雪の弾が発射される「スノーガン」は、落ち葉を掃除する機械と若干のパイプ、クランプそして絶縁テープを使って作る事ができる。

    NASAのエンジニア、マーク・ローバー氏は、落ち葉を掃除する機械から、雪の弾を発射する機関銃を作りだした。彼は、この「スノーガン」をインターネット上にアップした。 【動画あり】
    『「雪合戦にはこれ!?」雪の弾を連射…NASAエンジニア“スノーガン”開発』の続きを読む


    no title

    無重力状態における科学実験はNASAの重要なミッションの一つ。そして今回、ISS(国際宇宙ステーション)のクルーたちが宇宙初となる花の開花に成功しました!
    『「宇宙に一つだけの花!?」ヒャクニチソウ…ISSクルー宇宙初開花に成功』の続きを読む


    global_abs_2014_print
    ▲2014年 世界のNO2濃度
     
    米航空宇宙局(NASA)は17日までに、衛星観測データを基にした世界の「大気汚染地図」を発表した。

    この地図で示されているのは、大気中に含まれる有害物質の窒素酸化物(NOx)の平均濃度。NOxは自動車や工場から排出され、大気汚染の大きな原因となっている。

    最新の地図と2005年当時のものを比べると、この10年間で世界各地の汚染度がどう変わったかよく分かる。【動画あり】 
    『「世界の大気汚染地図!?」世界の大気汚染分布…NASAの衛星データ活用』の続きを読む


    no title

    グーグルと米航空宇宙局(NASA)が研究を行っている量子コンピューター「D-Wave」は、2O14年6月に行われた初期のテストでは、従来型コンピューターの性能に及ばなかった。

    だがグーグルはこのほど、D-Waveが、従来型デスクトップPCの10の8乗倍の性能を発揮したと発表した。言い換えれば、従来型コンピューターよりも1億倍高速ということだ。
    『「1億倍速い!?」Google量子コンピューター…1万年かかることを1秒で』の続きを読む


    no title

    【AFP】米航空宇宙局(NASA)は5日、冥王星の地表の撮影した高精細画像を複数公開した。NASAは「今後数十年内に見ることのできる冥王星を捉えた最高の接写となるだろう」とコメントしている。
    『「北極海?テキサス!?」クレーターくっきり“冥王星”高精細画像…NASA』の続きを読む


    no title

    2015年12月14日、NASAが「求人募集」を開始します。どうやら火星探査に必要な300名以上の宇宙飛行士を集めようとしており、我こそは!という人のためにすでに応募条件が一部発表されているようです。

    「宇宙飛行士」に立候補しよう!
    『「宇宙飛行士300名募集!?」火星探査要員…われこそはという人は募集中』の続きを読む


    no title
    ▲はいてますよ!

    完全なる米国製のこのロボットは、『アイアンマン』などのマーベル・コミックの映画に登場するキャラクターのように見えるかもしれない。だが実際には、火星への宇宙飛行において活躍するはずのロボットだ。

    身長約1.83m、体重約132kgの「R5」(別名「Valkyrie:ヴァルキリー」)と呼ばれるこの人間型ロボットは、もともとNASAジョンソン宇宙センターが、災害用に開発したものだ。
    『「火星を目指す人間型ロボット!?」“ヴァルキリー”…NASAとMITが開発』の続きを読む


    no title
    ▲パカっ! こんな想像しかできなくて...

    最新の分析によれば、火星の衛星フォボスは崩壊しつつある。

    NASAのゴダード宇宙飛行センターに所属するテリー・ハフォード氏らのチームは、11月11日の米国天文学会惑星科学部会の年次総会で、フォボスの表面に何本も走る長く浅い溝が火星の潮汐力でゆっくりと引き裂かれている最初の兆候だと発表した。
    『「火星の衛星がもうすぐ崩壊!?」フォボス…原因は近すぎる火星の潮汐力』の続きを読む


    no title

    米航空宇宙局(NASA)は、推進剤を使わずに宇宙空間での加速が続けられる新型推進機関「EMドライブ」のテストに成功した。

    EMドライブを使うと月までは4時間、火星まで10週間で到達可能となる。既存技術では数十万年かかるアルファ・ケンタウリ(地球から約4.3光年)への宇宙旅行も100年まで短縮できる。
    『「月は4時間火星は10週!?」EMドライブ実験成功…宇宙旅行を劇的短縮』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.