ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    NHK


    14148081307_81dbc30184_z(1)

    NHKは13日、テレビ番組をネットで同時に配信するサービスを2019年に本格的に始める意向を示した。

    今井純専務理事は「受信するための手続きを設けて(料金を)ご負担いただく」と述べ、料金を払わない限りネットでは視聴できないようにする考えを明らかにした。NHK改革を話し合う総務省の有識者会議で発言した。
    『「ネット同時配信で方針!?」NHK…受信料不払ならネットの視聴も不可』の続きを読む


    no title

    被爆70年に合わせてNHKが行った世論調査で、近い将来、核戦争が起きる可能性について聞いたところ、広島では「少しある」「かなりある」と答えた人があわせて7割に達し、「あまりない」「まったくない」と答えた人を大きく上回りました。
    『「70%が“ある”と答える!?」NHK世論調査…近い将来核戦争の可能性は』の続きを読む


    no title

    大みそかの第65回NHK紅白歌合戦の出場歌手が26日、東京・渋谷の同局で発表された。 
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1416980451/
    1: 北村ゆきひろ ★@\(^o^)/ 2014/11/26(水) 14:40:51.22 ID:???0.net

    『「出場歌手51組発表される!?」今年の大みそか第65回NHK紅白歌合戦』の続きを読む

    1: フェイスロック(catv?)@\(^o^)/ 2014/10/26(日) 08:02:14.02 ID:hZQeQr810.net BE:698254606-PLT(13121) ポイント特典

    massan

     NHK連続テレビ小説「マッサン」(月~土曜前8・0)の24日放送回に登場した“セクシー大正美女”が
    話題になっている。放送直後からインターネット上で「あの娘は誰?」などと注目され、25日のネット急上昇ワードでは3位にランクされた。
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1414278134/

    『「ポスターが大人気!」朝ドラのポスターモデル“みどり”とは?』の続きを読む

    1: 第四期次席φ ★@\(^o^)/ 2014/06/02(月) 15:22:36.92 ID:???0.net
     6月2日の朝刊が手元にある方はテレビ欄をぜひ見て欲しい。そして午後10時から
    NHK総合で放送される 「プロフェッショナル 仕事の流儀」に注目だ。この日は、
    サッカー日本代表本田圭佑の特集。 放送内容紹介の何気ない文章が続いているが、一番
    左端を縦に読んでみると…

     「日本ガンバレW杯」
     
    と読めるのだ。「縦読み」と呼ばれる遊び心の一つで、民放では野球中継の時にファン心
    をくすぐるフレーズ を入れていることがあった。お堅いイメージのNHKでは珍しい試みだ。
     テレビ欄を見るときは、こんな隠れたメッセージを探すのも楽しい読み方の一つだ。

    no title

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140602-00000099-sph-ent

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1401690156/

    『NHKがテレビ欄で「縦読み」に挑戦 「日本ガンバレW杯」』の続きを読む

    no title

    1: 声なき声に力を ★ 2014/05/28(水) 21:03:18.25 ID:???.net
     NHKがこのほど公表した「第9回 日本人の意識(2013)」調査(PDF)によると、この
    10年で人々のメディア接触のあり方が大きく変化していることが分かった。ふだんの生活
    の中で欠かせないコミュニケーション行動として、「携帯電話・スマートフォンを使う」
    と「インターネットの利用」が激増する一方、「本を読む」ことを挙げる人も初めて増えた。

     調査は、NHKが日本人の生活や意識の変化を探るため、73年から5年ごとに実施してい
    る。9回目となる今回は、全国の16歳以上の国民5400人が対象。方法は個人面接で、有効
    数は3070人(56.9%)だった。

     「ふだんの生活の中で欠かせないコミュニケーション行動」として最も多いのは、相変わ
    らず「テレビを見る」(81%)、同率で「新聞を読む」(63%)、「友人と話をする」(63%)。
    以下、「携帯電話・スマートフォンを使う」(56%)、「インターネットを利用する」(38%)、
    「本を読む」(36%)の順となっている。 

     今や情報収集にはネットが欠かせないものとなり、若者を中心に「活字離れ」が批判される
    ようになった。新聞を読む人も減っている。ただ、「読書」を楽しむ層は一定割合いるようだ。


    (詳細はソースにてご確認下さい)
    http://www.zaikei.co.jp/article/20140528/195851.html


    引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1401278598/

    『【調査】意外な結果?人々のメディア接触度「テレビ」減、「ネット」増、「読書」同率』の続きを読む

    no title

    (※イメージ)

    1: DDT ★@\(^o^)/ 2014/05/22(木) 15:48:51.70 ID:???0.net
     NHKは、特殊なメガネをかけずに立体映像が楽しめる電子ホログラフィー・
    テレビを 実現するための要素技術として、立体映像を生み出す干渉縞を表示
    するSLMの 光変調素子を、トランジスタで駆動する技術を開発した。

     さらにNHKと東京大学が協力、物体の形状と硬さの両方を非接触で測定し、
    物体を 触った感覚を仮想的に再現するシステムも共同で開発した。どちらの
    技術も 2014年5月29日~6月1日に開催する「技研公開 2014」で披露する。

    ホログラフィーテレビの基本原理
    no title


    形状や硬さの分布を非接触で測定、そのデータを触・力覚ディスプレイで再現する
    no title


    http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20140522_649720.html


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1400741331/

    『NHKが立体ホログラフィーの要素技術を開発 触った感覚再現する触・力覚ディスプレイも』の続きを読む

    1: トラネコ◆EDwr815iMY 2014/04/07(月)18:10:53 ID:ynKAi0Jd9
    窓ガラスを割って侵入したとみられています。NHKのスタジオに男が乱入。
    職員の制止を振り切り、カメラやモニターを倒しました。

     7日午前8時前、新潟市にあるNHK新潟放送局から「男が入って暴れている」と
    警察に通報がありました。警察やNHKによりますと、男は意味不明な言葉を発しながら
    職員らの制止を振り切り、1階のスタジオにあるカメラやモニターを倒すなどして暴れ、
    駆け付けた消防隊員に取り押さえられました。NHKの職員らにけがはありません。
    男は侵入する直前に近くの信号機の柱に衝突する事故を起こし、腰などを骨折していて、
    現在は入院しています。正面玄関脇の窓ガラスが割られていたことから、ここから侵入した
    とみられていて、警察は、男の回復を待って事情を聴く方針です。NHK新潟放送局では、
    「もう一度、警備体制、防犯状況を見直して必要な対策を取りたい」とコメントしています。
    http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000024598.html
    no title
    ▲NHK新潟放送局(写真は2008年のもの)

    『【社会】 NHK新潟放送局に男が乱入 暴れてスタジオ機材倒す』の続きを読む

    1: やるっきゃ希志あいのφ ★ 2014/03/06(木) 12:20:35.83 ID:???
    ソースは
    http://wpb.shueisha.co.jp/2014/03/06/25549/
    http://wpb.shueisha.co.jp/2014/03/06/25549/2/

    受信料をめぐる、国民とNHKの溝は深まるばかりだ。
    NHK受信契約について定めた放送法第64条によれば、放送を受信できる機器を
    設置している人は、NHKと受信契約を結ばなければならないことになっている。
    そして、その契約には、受信料(銀行口座引き落とし、一括前払いで
    年間1万3600円、今年2月現在)の支払いが含まれている。
    もし、これを払わなかった場合は、自宅に集金の催促が来るだけでなく、裁判、または
    徴収の強制執行申し立てが待っていることもある。

    しかし、NHKの番組を観る観ないにかかわらず受信料を払わなければならないとする
    放送法に、疑問を感じている人も多いだろう。このNHKテレビ受信料制度は、
    テレビ黎明期の46年前から続いており、現代のテレビ事情に即していないのは
    明白だからだ。
    国民の中には「NHKは国営放送であるべき」との意見もある。
    そうなれば受信料ではなく、税金でNHKの経費を負担することになる。

    放送法所管する総務省、そしてNHKはどう考えているのか?
    「そういう議論も当然あると思うんですけど、日本って民主主義国家ですから、
    政府から一歩離れた言論機関として運営される必要が当然ある。そういう考えの下に
    受信料制度がある、ということなんです」(総務省放送政策課・佐藤輝彦課長補佐)
    「公共放送だからこそ、表現の自由を確保し、不偏不党、公平・公正等の原則を
    維持できるものと考えています」(NHK広報局)

    国営放送になったら「政府の広報」になってしまう危険があるという見解だ。
    ならば、受信料を払わなかった者は、「スカパー!」や「WOWOW」といった
    有料放送のように、スクランブル(暗号)で観ることができないようにしてしまえば
    いいだけなのではないか、という声が各所で上がっている。
    実際、現在の地上デジタル放送はすでにスクランブル放送であり、
    「B-CASカード」で暗号を解除している。したがって、NHKが
    スクランブル放送を導入する上での技術的な問題は何もなく、十分に実行可能だ。

    NHK広報局に、「今後、スクランブルを導入する考えはあるのか?」と聞いた。
    「全国あまねく視聴できるようにするという、放送法(第15条)によって
    定められた公共放送の使命が果たせなくなります。(中略)また、一般的に
    スクランブル方式は、どうしても『よく見られる番組』に編成が偏り、番組の内容も
    画一化していく懸念があります」(NHK広報局)

    受信料徴収の根拠も「放送法」で、スクランブル放送を拒否する理由も「放送法」。
    結局、「放送法」という盾(たて)で守られている限り、NHK受信料を巡る問題は
    解決しないのである。
    (取材/明石昇二郎とルポルタージュ研究所)

    -以上です-

    5194800607_bf54fe52cd
     

    『【放送】NHKに「なぜスクランブル放送にしないのか」聞いてみた(週プレNEWS)[14/03/06]』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.