23457475350_442769506b_z(1)
▲イージスアショアから発射されるSM-3 Block 1B迎撃ミサイル(ハワイ・カウアイ島)
政府は北朝鮮による相次ぐ弾道ミサイル発射を受け、ミサイル防衛態勢強化策として、「イージスアショア」と呼ばれる陸上型イージスシステムを導入する方向で最終調整に入った。複数の政府関係者が明らかにした。

防空能力や費用対効果の面で、米最新鋭ミサイル防衛システム「最終段階高高度地域防衛(THAAD)」よりも適していると判断した。
『「ミサイル防衛強化!?」日本政府…陸上型イージスシステム導入最終調整』の続きを読む