4669175050_b0b4787f7c_z(1)

米パシフィックノースウェスト国立研究所(Pacific Northwest National Laboratory)は、一般家庭のトイレから排出される大量の人糞を処理することで石油を合成する新しいバイオ燃料生成法を開発したことを発表した。 

PNNLによる新しいバイオ燃料生成法は、人糞を3000psiと摂氏300度の高圧高温環境下に置くことで石油に変性させるというものとなる。 【動画あり】
『「ウ●チから石油!?」米国立研究所…“バイオ原油”を合成する方法を開発』の続きを読む