4296824658_c07ee779ea_z
by Tony Alter

1: 北村ゆきひろ ★ 2014/05/25(日) 20:21:53.15 ID:???.net
昨年来、女性の「ぽっちゃりおしゃれ市場」が活況を呈している。
実際は数年前から、通販大手「ニッセン」の大きなサイズを扱うブランド「スマイル
ランド」が静かな注目を集めていた。
なぜなら、ニッセン女性衣料の売り上げ全体の2割を占めるまでになっていたからだ。

 現状、“ぽっちゃり”の範囲に確たる定義はないが、大まかにXLサイズ以上とすれば、
日本の場合、女性全体の2割がXLサイズ以上のはずはない。それでも日本人にはほと
んどいないといわれる10Lサイズまで揃えているスマイルランド。
どんな体形でも必ず服が見つかるという信頼を得て、全国に存在するニッチのニーズを
がっちりつかんだのだ。

 また、2013年3月に全館を大胆にリモデルした伊勢丹新宿本店のクローバーサイズ
(大きいサイズの伊勢丹の呼称)もリモデル後、前年比175%の売り上げを記録。

 以前から、伊勢丹本店はリアル店舗において、おそらく日本一、大きなサイズの服が種類
豊富に揃う売り場でヘルムート・ラングやマルタン・マルジェラなどモード派が好む辛口ブ
ランドも取り扱っている。現在も売り上げは順調の様子だ。

12年秋冬から徐々にこの市場に参入していたユニクロも、昨年から取り扱いアイテム数を
一気に増やした。
さらにワコールも13年、大きなサイズ専門ブランド「ぽちゃカワブラ」をスタート。アパ
レルとアンダーウエアのリーディングカンパニーである両社がこの市場に本格参戦したイン
パクトは大きい。つまり今、ぽっちゃりおしゃれ市場は、品数豊富に揃えれば揃えるほど
リターンが見込めるのだ。逆に言えば、これまで「儲かる市場」と目されていなかったが、
実はブルーオーシャンであると顕在化したともいえる。

 それにしても、なぜ昨年から急にこの市場が注目されるようになったのか。

 広く世間に「可視化」されたきっかけは、なんといっても、XLサイズ以上のぽっちゃり
さん専用ファッション雑誌「ラ・ファーファ」(ぶんか社)の創刊だろう。
「ぽっちゃり」と「カワイイ」を足して「ぽちゃカワ」とポジティブに表現し、大きな体で
もファッションを楽しもう、と提案する。
img_76a96c59d3d7b402a24129dde597f72525701

 13年3月に芸人の渡辺直美さんを表紙モデルに抜擢し、発売日に即日重版、最終的に10
万部を売った。
ふくよかな女性のためのファッション雑誌という前代未聞の雑誌の登場は、さまざまな媒体で
ニュースになったのでご存じの方も多いはず。ちなみに、あの「アンアン」(マガジンハウス)
の平均部数が20万部程度。 その半数を売ったのだから、大健闘と言っていい。

13年は派手に創刊した女性誌がいくつかあるが、どれも成績は芳しくない。
その中で8万~10万部をキープし、昨年11月にめでたく季刊から隔月刊になったラ・
ファーファは、地道に成功している「勝ち組」だ。

http://www.sankeibiz.jp/econome/news/140525/ecc1405251812005-n1.htm
http://www.sankeibiz.jp/econome/news/140525/ecc1405251812005-n2.htm
http://www.sankeibiz.jp/econome/news/140525/ecc1405251812005-n3.htm

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1401016913/

『【肉】実は儲かる「ぽっちゃり女性」市場 なぜ急に注目されるようになったのか』の続きを読む